製品開発、設計、図面作成のご相談、承っております

エレベーター関連部品、産業機械の開発・設計・図面なら
エムズ・テクニカ

東京都国分寺市西恋ヶ窪3-16-14 ハイツエクシード2F(西国分寺駅より徒歩8分、恋ヶ窪駅より徒歩15分)

受付時間:8:30〜17:30毎週土、日曜日を除く)

お気軽にお問合せください

042-326-5615

ICAD実践テクニック

寸法文字を引き出す  2Dで使用可能

スペースが狭くて寸法が見づらくなってしまう時など、寸法を引き出し形状にすると寸法が見やすくなります。

ここでは、下の2つの方法を紹介します。

●新しく寸法を作成する方法

●既存の寸法を編集する方法

例:下図のように引出し寸法を作成する。

【新しく寸法を作成する方法】

①:コマンドメニュー「長さ寸法」→「直列」→「自動補正」で記入したい寸法を作成します。

②:寸法を記入すると、詳細メニューが現れます。その中の「編集」を選択します。

③:寸法がハイライトされ、新たにメニューが現れるので、「文字移動」→「引出」→「標準引出」を選択します。

④:引き出したい寸法をピックすると、仮想の寸法引き出し線が現れます。配置したい場所に持っていき、左クリックで確定させます。

 

⑤:引き続き、引き出したい寸法があれば繰り返します。

 

⑥:すべて編集し終えたら「Esc」で確定して完成です。

 

【既存の寸法を編集する方法】

①:コマンドメニューの「製図編集」→「位置変更」を選択し、引き出したい寸法の数字をピックします。

②:新たにメニューが表示されるので、「引出追加」を選択します。

③:仮想の引き出し線が現れるので、配置したい位置で左クリックし、確定させます。

④:他の引き出したい寸法も同様に編集して完成です。

新着情報

2019年4月19日

「ICAD実戦テクニック」を更新しました。

2019年12月2日

事務所を移転しました。

お問合せはお気軽に

042-326-5615

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。