製品開発、設計、図面作成のご相談、承っております

エレベーター関連部品、産業機械の開発・設計・図面なら
エムズ・テクニカ

東京都国分寺市西恋ヶ窪3-16-14 ハイツエクシード2F(西国分寺駅より徒歩8分、恋ヶ窪駅より徒歩15分)

受付時間:8:30〜17:30毎週土、日曜日を除く)

お気軽にお問合せください

042-326-5615

ICAD実践テクニック

立体伸縮で寸法線を追従させる  3Dで使用可能

3Dモデルを立体伸縮させるときに、寸法を追従させる方法をご紹介します。

例:モデルの緑色の面を10mm伸ばし、寸法を追従させる。

①:コマンドメニューの「3次元」→「立体伸縮」→「面指定」を選択します。

②:追従検索の「要素内」をONにします。

 

③:伸ばしたい緑色の面を指定します。

 

④:長さ増分値を「10」と入力 →「確定」します。

⑤:モデルが10mm伸びるとともに、寸法が追従しました。

 

注意:追従検索の「要素内」をONにすると、下図の様に同じ要素内に同一平面がある場合、全て伸縮してしまいます。

 

そのような時は、下記の方法でも寸法線を追従させることができます。

「面指定」:面を指定したあとに追従させたい寸法線を選択します。

「範囲指定」:要素と寸法線をあわせて選択します。

 

新着情報

2019年4月19日

「ICAD実戦テクニック」を更新しました。

2019年12月2日

事務所を移転しました。

お問合せはお気軽に

042-326-5615

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。